カテゴリー別新着記事

【柳生宗矩】奥義とは

克己
この記事は約2分で読めます。

剣禅一如

柳生宗矩

剣の道の極意は、禅の無念夢想の境地と同じである。

最後は心

徳川家剣術師範を務めたという達人、柳生宗矩。

三代将軍徳川家光の教育係としても仕え、剣術を教えていました。

剣術を学んで8年。

自信をつけた家光は宗矩に勝負を挑みますが、全く歯がたたず…

悔しさから「奥義を教えろ!」と言い出した家光に、宗矩は答えました。

「あとは禅に学ばれてはいかがでしょう。」

剣の道を極め、本当に強くなりたいと思うのならば、剣だけではなく心も磨きなさいということです。

剣の道に限らずですが、技術や手法ばかりを一生懸命身に付けようとして、結局心を置き忘れてしまうことが少なくありません。

現代では成功者から学ぶノウハウ本なども無数にありますが、学んだノウハウだけでうまくいったという話は聞きません。

ノウハウという部分だけなら真似ることができても、それに取り組む意識や意欲、つまり心の中まで真似ることはできないからではないでしょうか。

誰にも教えないからこその奥義ではなく、誰にも教えようがないからこそ奥義。

自分で見つけ、編み出した、自分だけの道なのです。

それは言葉や本では伝えきれない日々の積み重ねです。

もし、誰にでもできる奥義があるとするならば、地道に愚直に一つ一つを積み重ねていくこと。

それに尽きると思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました