カテゴリー別新着記事

【名誉】日本人としての名誉とは

名誉
この記事は約2分で読めます。

廉恥の心

「日本人は恥の文化」と言われています。

私たちは子供の頃から大人たちに言われ続けました。

「人前で恥ずかしいことをするな!」

「そんなことしてると人に笑われるぞ!」

なぜそうなのか!?を考えることもなく、そう教えられ、そしてそれをまた教えていきます。

「恥」とは「名誉」の対極にあるもの。

【名誉】とは、「名」の「誉れ」。

自分の名を誇りに思うということです。

そのためには、まず「自分の名を汚さない」ということが大前提となります。

つまり「恥をかかない」ということは【名誉】の第一歩なのです。

恥をかかないためには、何が恥ずかしいことなのか!?をまず知らなければなりません。

恥を知る心のことを【廉恥(れんち)の心】と言います。

今や死語となってしまっていますが、この逆の「恥知らず」を意味する【破廉恥(はれんち)】は今も残っています。

【名誉】を重んじる武士は、まずこの【廉恥心】を大切にし、子供の頃から教え込まれました。

今、私たちが【名誉】を考える時・・・

社会に認められるとか、人から多大なる評価を受けるとか、必ず誰か第三者の存在を抜きに考えることが中々できません。

しかし、本当の「名誉ある生き方」とは、「人に恥じない生き方をする」ということなのです。

大きな功績など残せなくても、財を築くことなどできなくても・・・

私たちは「名誉ある人生」を送ることができます。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました