カテゴリー別新着記事

【孟子】名誉とは他人が汚せるものではない

名誉
この記事は約2分で読めます。

我が側(かたわら)に袒裼裸裎(たんせきらてい)すといえども、汝いずくんぞ能く我を汚さんや

孟子

あなたがたとえ私の側で裸になるような無礼な態度をとったとしても、それによって私を汚すことなどできない

誇りは自分の中にこそある

無礼なことをされたとしても、それはその人が勝手に無礼なことをしたというだけであって、自分は自分であり、それによって汚されることはない。

自らの誇りは自らの中にあるもの、他人が汚すことなど決してできないということです。

また、つまらない行為など相手にもしないという意味でもあります。

武士道では、むやみに腹を立てたりしないために、忍耐を重んじました。

しかし、正義のための「義憤」は必要なものとされ、本当の意味で自分の【名誉】が傷つけられるとなった時には、ためらわず刀を抜きました。

「刀を抜く=死を覚悟する」ということです。

私たちは、相手にしないほうがいいような人に、心を取られることがあります。

誹謗や中傷を受けたり、馬鹿にされたりすれば腹も立ちます。

自分の【名誉】を傷つけられたように感じるからでしょう。

そうやってつまらないことに腹を立てたり、取るに足らない人を恨んだりすることこそ、自分で自分の【名誉】を傷つけているということではないでしょうか…

【名誉】とは自分の心の中にあるものであり、人から授かるものではありません。

他人のつまらない行為によって、そう簡単に傷がつくようなものではないのです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました