カテゴリー別新着記事

【フランシスコ・サビエル】日本人の恥と名誉

名誉
この記事は約2分で読めます。

この国民は、私が出逢った民族の中で、最もすぐれている。
日本人は一般的に善良で悪意がなく、非常に感じが良い。
彼らの名誉心は極めて強く、何よりも名誉を重んじている。
ほとんどの日本人は貧しいが、武士も町人も貧しいことを恥と考えている者はいない。

フランシスコ・ザビエル

名誉ある人生を生きているか!?

日本人にとって【名誉】の対極にあるものは【恥】です。

自らの「名」に泥を塗らないためには、まず何が【恥】なのかを知らなければならないからです。

「人に恥じることなく生きる」ことができれば、富や名声を得ることがなくとも、それは【名誉】ある人生なのです。

「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。

最低限の豊かさを持って、やっと心に余裕が生まれ、初めて礼節というものに目を向ける余裕が生まれる…

ということを意味していますが、日本人は貧しくとも礼節を重んじてきました。

それは全て、恥を知る【名誉】の心があったからです。

今や豊かな国となった日本。

もっともっと礼節を知っていいはずなのに、むしろ余裕のなさを感じます。

明日という日が約束されているかのような環境に身を置きながら、それでも満ち足りるということがありません。

どれだけの金銭や財産を得ても、それだけで満たされるということは決してないでしょう…

なぜなら、私たちが本当に手に入れたいものとは…

「豊かな心」だからだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました