カテゴリー別新着記事

【葉隠】損を選ぶ

葉隠より
この記事は約2分で読めます。

我人、生くるほうがすきなり。
多分すきの方に理が付くべし。

葉隠より

人は誰でも死ぬより生きる方がいいに決まっている。だから生きるほうに理屈が多くつくのは当然だ。

なぜ困難を選ぶのか?

生か死か!?二つに一つの選択を迫られれば、誰でも生きる方を選びたいもの。

つまり損得で物を考えれば、誰でも「得」だと思う方を選ぶということです。

しかし、「得」を選んだとしても、必ずうまくいくとは限りません。

失敗する可能性もあります。

その不安を抱えながらも、自分の選択にあれこれ理由や理屈をつけて、自分を納得させようとします。

不安を抱えているから迷いが生じる…

ならば最初から「損」のほうを選び、腹を括ってしまえ!

失敗するものとして事を始めれば、恐れるものなど何もないということです。

失敗すると分かっていて踏み出す人はまずいないでしょう。

誰しも、うまくいく可能性を夢見ることができるからこそ、不安を抱えながらも前に進もうとするんだと思います。

しかし、その不安こそが時として私たちの判断や行動を鈍らせます…

保身に走り始めると、思わぬ方向へと進んでしまうこともあります。

自分にとって最大の壁は、自分の中にある不安なのではないでしょうか…

初めから失敗に腹を括ってしまえば、そんな不安など抱く必要もなくなり、迷いなく邁進することができる…

それが「武士道といふは死ぬことと見つけたり」の真髄かもしれません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました