カテゴリー別新着記事

【葉隠】武士道は死に狂い

葉隠より
この記事は約2分で読めます。

武士道において分別出来れば、はや後るるなり。
忠も孝もいらず、武士道においては死に狂ひなり。
この内に忠孝はおのづから籠るべし。

葉隠より

武士道では思慮が生まれると既に後れをとったようなものである。武士道にとっては忠も孝も論外なので、ただ死に狂いするばかりだ。その中に忠孝は自然と宿るものだ。

決意を固め行動あるのみ!

武士は命をやり取りするのが仕事のようなもの。

正気でいてはとても務まらない。

狂ったように死ぬ気でやるだけである。

忠とか孝とか、理屈で考えるのではなく、ただ死にもの狂いでやっているうちに、自然と身に付く。

考えるより行動せよ!という意味でしょう。

私たちは、考えすぎて動けなくなることがあります。

そうやって時間を浪費することも少なくありません。

あれこれと理屈を並べたりする暇があるなら、ただがむしゃらに、ひたすらに、死にもの狂いでやるのみ。

そうしているうちに、必要なものは自然と手に入り、身に付くものです。

「やるべきこと」が決まったら、一心不乱に進むだけ。

武士にとっては失敗したら「死」が待っているだけ、成功したとしても、いずれは「死」にたどり着くだけです。

幸いなことに私たちは、失敗しても命までとられるようなことはありません。

やるだけやったら後は結果を待つのみです。

やる前から結果を気にしていても、気にしたことで結果が変わるというものでもありません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました