カテゴリー別新着記事

【葉隠】仕返しの在り方

葉隠より
この記事は約2分で読めます。

何某、喧嘩仕返しをせぬ故恥になりたり。
仕返しの仕様は踏みかけて切り殺さるる迄なり。
これにて恥にならざるなり。
仕果す(しおぼす)べきと思ふ故、間に合はず。

葉隠より

ある人が喧嘩の仕返しをしないために恥をかいたことがある。仕返しのやり方とはただ駆け込んで切り殺されるまでやるだけだ。これならば恥にならない。うまくやろうとか勝とうとか思うから間に合わないことになる。

即行動を起こす!

「倍返し」という言葉も既に懐かしい言葉になりましたが、武士にとっても「仕返し」や「仇討」は避けて通れないものです。

「仕返し」しなければ恥をかきます。

しかし、今度は必ず勝とう!とか、良い策はないか!?などどあれこれ考えていると、時間ばかりが過ぎ去り、結局タイミングを失って、恥をかくことになります。

つまり、結果を気にし過ぎるとチャンスを逃すということです。

確かに一度燃え上がった気持ちというのは中々持続しません。

時間が経つにつれ、冷静になり、最初の熱はどこへやら…

誰しも経験があると思います。

再び燃え上がることはもちろんありますが、最初の熱は二度と戻らないといっても過言ではないでしょう。

それほど、思い立った最初の気持ちは熱く、強いものなのです。

熱い気持ちを持続させるためには、即行動を起こし、そして行動し続けることしかありません。

思い立ったまま行動し続けていれば、中々冷めないものです。

色んな対策を考え、リスクヘッジをして、万全の体制で動き出す…

それは「失敗しないための方法」ではありますが、決して「成功するための方法」ではないのかもしれません。

何事もまず行動してみる…

幸いなことに私たちは、失敗したとしても、命まで取られることはありません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました