カテゴリー別新着記事

【葉隠】若いうちに苦労しておけ

葉隠より
この記事は約2分で読めます。

若きうちには随分不仕合せなるがよし。
不仕合せの時くたぶるる者は、役に立たざるなり。

葉隠より

若いうちは苦労が多いほうがいい。苦労や不運が続いたとき、くたびれてしまうような人は、役に立たないものだ。

しなければならない苦労もある

「若いうちの苦労は買ってでもせよ!」という言葉をあまり聞かなくなってきたように感じます。

むしろ「しなくていい苦労ならしないほうがいい」というのが、現代の考え方でしょう。

確かに、一生「しなくていい」ままでいけるのであれば、それは幸せなことです。

しかし、「しなければならない苦労」というものに必ず出会います。

どうせしなければならないのであれば、若いうちのほうがいい。

体力や気力が衰えてきてからでは、乗り越えられないかもしれません。

大人になってからのほうがそれなりに耐性がついているようにも思えますが、その耐性も若いうちの苦労によって培われるものです。

また、上手な向き合い方、上手な逃げ方も身に付くようになります。

それも真向勝負したことがあるからこそ、身に付くのではないでしょうか。

何より、大きな苦労に直面し、仮に潰れてしまうことがあったとしても、若いうちであれば、やり直す機会は何度でもあるのです。

誰しも楽をしたいものですが、楽をするためにこそ、それなりの苦労を越えていかなければならないのです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました