カテゴリー別新着記事

【葉隠】困難を前に

葉隠より
この記事は約2分で読めます。

大難大変に逢うても動転せぬといふは、まだしきなり。大変に逢うては歓喜踊躍して勇み進むべきなり

葉隠より

大変な事態に陥っても動転しない、それだけではまだまだだ。喜んで躍り上がるかのように勇んで進むべきである。

むしろ喜んで受け入れよ!

トラブルに直面しても焦らず平常心でいること。

冷静さを欠き、更なるトラブルを引き起こさないためにも大切なことです。

しかし「葉隠」では、それだけではまだまだ…

むしろ大喜びして、勇んで進め!と教えています。

これは大変な心がけですね。笑

「ピンチはチャンス」という言葉と似ていますが、ピンチとは何かを変革するチャンスです。

決して「好機」ではない場合もありますが「機会」であることは間違いありません。

何も起こらなければ、変化を求めることもなかったでしょう。

しかし、変化なくして継続できるものは、実際少ないのではないでしょうか?

現状維持という言葉は簡単に聞こえますが、停滞したままでは実は中々できません。

前進し続けて初めて、やっと現状が維持できます。

何もしなくても年齢を重ねるのと同様に、何もしなければ衰退していくだけなのです。

ピンチがあるからこそ、私たちは否応なしに変化を求められます。

しかし、前進し続ければ必ず現状維持ができるというわけでもありません。

死力を尽くしてもなお、更に困難な状況に陥ることもあります。

何もかも失ったその時こそ…

気付くことがあります。

見えてくるものがあります。

失ってから気付くことのほうが、実は多いものなのです。

ピンチとは「成長のための痛み」のようなもの…

更に前に進むための、絶好の機会なのです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました