カテゴリー別新着記事

【葉隠】煙たがられる存在であれ

葉隠より
この記事は約1分で読めます。

主人にも、家老・年寄にも、ちと隔心に思はれねば大業はならず。
何気もなく腰に付けられては働かれぬものなり。

葉隠より

主人にも、家老や年寄にも、少しくらい煙たがられるようでないと大業を成し遂げることなどできない。安心され腰巾着にされているようでは、逆に働けないものだ。

まず責任を果たしてこそ

上司の顔色ばかり伺っているようでは、当然いい仕事はできません。

かといって、上司をシカトするわけにもいきません。

組織に属する人ならば、これはとても難しい問題です。

しかし上司も人です。

完璧なはずはありません。

何より忘れてはならないのは、自分自身の責任です。

口先ばかり反抗的だったり、我だけを貫いていれば、当然上司から目を付けられ、ロクな目に合いません。

しかし自分の責任を全うしていれば、上司から見れば役に立つ存在です。

多少煙たいところがあっても、自らの責任に没頭し、仕事として役に立つのであれば下手なことはできません。

逆に、人の上に立つ人は、自らの責任と役割をしっかりと理解し、部下の仕事の邪魔をしないように心がけたいものです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました