カテゴリー別新着記事

【葉隠】勝利に勝る敗北

葉隠より
この記事は約1分で読めます。

公事沙汰、又は言ひつのることばどに、早く負けて見事な負けがあるものなり。
相撲の様なるものなり。
勝ちたがりてきたな勝ちすれば、負けたるに劣るなり。
多分きたな負けになるものなり。

葉隠より

評議や何らかの議論などで、早く負けて見事な負けというものがある。相撲のようなものだ。勝ちたいあまりに汚い勝ちをおさめてしまえば、それは負けるよりも劣ることである。つまり汚い負けになってしまうものだ。

ただ勝つのではなく勝ち方にこだわる

スポーツなどに見る日本人のフェアプレーは、こういうところからきているのでしょう。

ただ「勝つ事」よりも、その「勝ち方」を重視する。

それは損得勘定を考えず、正しいことを貫くという武士道の【義】の教えからきています。

正々堂々と勝負しているのであれば、敗北から得られるものは決して少なくありません。

時として人生には、勝利にも勝る敗北があるのだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました