カテゴリー別新着記事

【葉隠】立ち上がる時

葉隠より
この記事は約1分で読めます。

人は立ちあがる所がなければ物にならず。
人より頭をふまれくさくさとして一生を果たすは口惜き事なり。
誠に夢の間なるに、はつきりとして死にたき事ぞかし。

葉隠より

人は一念発起するところがなければ物にはならない。人から頭を踏まれ、くさったまま一生を生きることは悔しいことである。本当に夢の間だからこそ、はっきりとして死にたいものだ

一念発起せよ!

「葉隠」では、「生」を「夢」だと捉えています。

つまり「人の一生」は「夢の間」だということです。

まるで夢の中のように、一瞬で儚く、そして掴みどころもない…

真実を探し求めたとしても、夢の中では見つかることはありません。

人の一生で真実とはたった一つ。

「死」だけです。

夢うつつのままで一生を送り、何となく死んでゆく…

何かを成しても、何も成さなくても、私たちは必ず「死」を迎えます。

そんな儚い「生」だからこそ、私たちは志を固め、立ち上がらなければもったいないのです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました