カテゴリー別新着記事

【葉隠】小事の積み重ねが大事

葉隠より
この記事は約1分で読めます。

大事の思案は軽く、小事の思案は重く

葉隠より

大事だと思えることを考える時は軽く、些細と思われることを考える時ほど重くせよ

大事に備えるためには

「葉隠」の著者、山本常朝が仕えた鍋島家の家訓と言われているものの一節です。

普通は逆に考える人が多いかもしれませんね。

しかし、大事なことというのは常日頃から考えているものです。

既に備えを用意していたり、既に腹を括っている時もあるかもしれません。

些細なことと言うのは、日頃あまり考えていません。

わざわざ考えておく必要はないだろう…

すぐに答えは出るだろう…

と、軽く考えたり後回しにしたりしがちです。

実はそこに落とし穴がある…

鍋島家では、そう教えていました。

小事の積み重ねが大事です。

一つ一つは小さなことであっても、積み重なればそれは大きなことになります。

いつかその小さなことに足元をすくわれる…

大きなものが崩れる時、それはほんの小さな綻びから始まるのだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました