カテゴリー別新着記事

【石田三成】大義に生きる

この記事は約2分で読めます。

大義を思うものは、首をはねられる前であろうとも命を大切にするものだ。

石田三成

生き延びるという勇気

天下分け目の関ヶ原に敗れた光成が、処刑直前に残したと言われている言葉です。

死を恐れないことこそ、武士道の【勇】、つまり『勇気』です。

しかし、ただ恐れないだけならただの無謀にもなる…

真の『勇気』とは、生きるべき時にはどれだけ恥を忍んでも生き延びること…

それは武士道における【名誉】とは相反するものでありながらも、「大義」を前にすれば、命とはどこまでも惜しむべきものだということでしょう。

今の日本では戦いで命を落とす人はほとんどいません。

しかし、戦いで死ぬのと同じくらいたくさんの人が、自殺という方法で命を落としています。

命と引き換えにしたいほどのものとは一体なんなのか…

周りがいくら推測してみたところで、その真実は本人にしか分からないことでしょう…

打倒家康という大義を、最後の最後まで貫こうとした光成。

平和に生きる私たちに「大義はあるか!?」と問われても、中々答えられる人はいないほど、大げさに聞こえてしまうのかもしれません。

ただ、関ヶ原に善と悪を定義付けることができないように、あくまでも「自分なりの大義」です。

それはつまり「自分が信じる道」という程度の考えでいいのではないでしょうか。

何より、私たちはただここで生きているというだけで、誰かを安心させ、誰かを喜ばせているのです。

自ら命を絶てば、必ず誰かを不幸にするということ…

ただ、ここで生き抜く!

それだけでも十分大義だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました