カテゴリー別新着記事

【新渡戸稲造】真の強さとは

この記事は約2分で読めます。

最も剛毅な者は最も柔和なる者であり、愛あるものは勇敢なる者である

新渡戸稲造

最も強い者は優しい者であり、愛ある者は勇敢なる者である

優しさこそが強さの源

「弱い者をいじめてはいけない!」

子供の頃に教えられました。

これは武士道の【仁】の教え。

「武士の情け」です。

力を持てば使ってみたくなる、というのが人の心理でしょう。

どのくらい強いのか試してみたい!

そう思うこともあるかもしれません。

しかし、強い力は弱い者を攻撃するためにあるのではなく、弱い者を守るためにある。

強い力は、より強い力に立ち向かうためにある。

試したり使ってみたくなるという力は、実は大した力ではありません。

本当に強い力を持っているという自覚があれば、恐ろしくて使えないはずです。

絶対に勝てる力を持っているのならば、試す必要もありません。

力とは何も腕力だけではありません。

権力も同じこと。

役職という権力があります。

肩書を前にすれば、常識ある人ほどその力には中々逆らえないものです。

ところ構わずその権力を振りかざす人を目にします。

力の大きさを自覚できない人が振りかざす権力は、時に人の命を奪いかねないほどの勢いを持っています。

強大な力を間違った方向に使う…

これは恐ろしく、そして愚かしいことだと思います。

本当ならば、そういう人たちを守る時のためにこそ、その力を持っているのではないでしょうか?

本当に強い人とは、その力の大きさを自覚している人です。

自覚するからこそ、その力を使うことができないのです。

「強さ」とは「優しさ」です。

「優しさ」なき「力」は、どれほどの強さを持っていたとしても、ただの「暴力」です。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました