カテゴリー別新着記事

【孔子】仁は人なり

この記事は約2分で読めます。

巧言令色(こうげんれいしょく)、鮮(すく)なし仁

孔子

言葉巧みでいい顔ばかりしている人に、仁のある人はほとんどいない

真の優しさとは

武士道の第一の徳が【義】であれば、儒教の第一の徳は【仁】です。

「仁は人なり」

つまり、「仁がなければ人ではない」という言葉があるほど、仁を重んじています。

孔子や孟子などの残した言葉に【仁】に関するものがたくさんあるのはそのせいでしょう。

【仁】とは、優しさ、思いやりのことです。

今の時代こそ【仁】が必要だと思います。

スパルタ教育なんていう言葉があった頃に比べれば、今はとても優しい時代のように見えます。

体罰やパワハラが社会問題化し、会社の人材教育や子育てなど、様々な場面で「怒ってはいけない」という風潮ができてきています。

しかし、「怒らない」ということが優先されるあまり、当たり障りなく接することが増え、逆に冷たいように感じることがあります。

「怒らない=優しい」ではありません。

問題は「怒り方」「叱り方」にあるわけですが、受ける側の主観で判断されるため、とても難しい問題です。

難しいからこそ、避けて通ろうとしているように感じてしまいます。

表面上だけ優しく取り繕うこと…

それこそ正に「巧言令色、鮮し仁」です。

本当の優しさとは何なのか!?

今一度見つめ直したいと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました