カテゴリー別新着記事

名誉

名誉名誉
名誉とは、恥を知る廉恥の心。
スポンサーリンク
名誉

【宇野七郎親治】命を惜しむな!名を惜しめ!

かけよや、わかものども。命な惜しみそ、名を惜しめ。まんなかをかげやぶって、通せや通せや。 宇野七郎親治 駆けよ、若者たち。命を惜しむな、名を惜しめ。真ん中を駆け破って、通せ通せ。 自分が何者で、どう在るべきなにか!? ...
名誉

【孟子】名誉とは他人が汚せるものではない

我が側(かたわら)に袒裼裸裎(たんせきらてい)すといえども、汝いずくんぞ能く我を汚さんや 孟子 あなたがたとえ私の側で裸になるような無礼な態度をとったとしても、それによって私を汚すことなどできない 誇りは自分の中にこそある...
名誉

【フランシスコ・サビエル】日本人の恥と名誉

この国民は、私が出逢った民族の中で、最もすぐれている。日本人は一般的に善良で悪意がなく、非常に感じが良い。彼らの名誉心は極めて強く、何よりも名誉を重んじている。ほとんどの日本人は貧しいが、武士も町人も貧しいことを恥と考えている者はいない。...
名誉

【武士道】武士の名とは

名は勝ち取るもの 武士道における【名誉】とは「名」を「誉れ」に感じること。 「自分の名前を誇りに思う」ことです。 武士にとって「名前とは勝ち取るもの」でした。 手柄や功績を残すことで、得られるもの。 それ...
名誉

【名誉】日本人としての名誉とは

廉恥の心 「日本人は恥の文化」と言われています。 私たちは子供の頃から大人たちに言われ続けました。 「人前で恥ずかしいことをするな!」 「そんなことしてると人に笑われるぞ!」 なぜそうなのか!?を考え...
名誉

【齋藤実盛】武士の名誉

勢いに乗った木曾義仲に突き崩され敗走する平家勢力の中に、ただ一騎とどまり防戦する華やかないでたちの武士がいた。「味方は皆落ち行く中で、ただ一騎踏みとどまっておられるのは立派なこと!どうぞお名乗り下さい!」源氏方の手塚光盛が言葉をかけ、自...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました