カテゴリー別新着記事

武士道とは

武士道とは武士道とは
武士道について、分かりやすく伝わる逸話・エピソードなどをご紹介します。
スポンサーリンク
武士道とは

思いをはかる

善意の解釈こそ自分の心を軽くする ストレスの多い時代です。 街の中でも、会社の中でも、時には家の中でも、何らかのストレスを感じることがあるでしょう。 全ては誰が第三者の存在があってこそ生まれてくるもの… 私たちが受...
武士道とは

身近にある武士道

武士道は今でも生活の中にある 今の時代でも、武士道に興味があるという人はたくさんいると思います。 その興味の入り口はどこだったか!? …というと、恐らく、歴史や時代劇などを通じて知った武士や戦国武将などの生き様に憧れのよ...
武士道とは

【愚妻】武士の妻

愚妻 一心同体だからこそ まだこの言葉を使っている人はいるでしょうか? 最近ではほとんど耳にすることがなくなりました。 自らの妻を「愚妻」と呼ぶのは、日本人独特のものです。 女性からしたら、とても失礼な...
武士道とは

「恩」とは「原因を探る心」

おかげ様を知る心 義理堅い人が少なくなりました。 忠義という言葉も使われなくなりました。 今はそんな時代ですが、そもそも義理とか忠義とかいうものは、根本的にどういうものなんでしょうか。 「してもらったから返さなけれ...
武士道とは

日本人の贈り物

つまらないものですが… 物よりも人 日本人には、贈り物をする時に「つまらないものですが…」と一言付け加える習慣があります。 当然「つまらないもの」を贈るはずはなく、この言葉には、「あなたのような立派な方に見合うものな...
武士道とは

武士の命

「武士の命」と言えば「刀」 命とまでいうだけあって、「刀」に由来する言葉が今もたくさん残っています。 「抜打ち」=柄に手がかかった瞬間に斬りつけるということから…「何の前触れもなく、いきなり何かをすること。」「太刀打ちできな...
武士道とは

日本人にとっての腹とは

自腹を切る 腹とは魂の在りか 今でも普通に使われる説明不要の言葉ですが、語源は文字通り「切腹」からきています。 かつて、人の魂は「腹の中」に宿るものと考えられていました。 「切腹」が名誉なことだと思われていたの...
武士道とは

【新渡戸稲造】力には責任が伴う

ノーブレス・オブリージュ(noblesse oblige) 新渡戸稲造 高貴なるものに伴う義務 力を知るからこそ負うべき義務がある 新渡戸稲造は著書「武士道」の中で、武士道とは武士にとっての「身分に伴う義務=ノーブレ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました