カテゴリー別新着記事

【本居宣長】大和魂

武士道とは
この記事は約2分で読めます。

敷島の大和心を人問はば
朝日に匂ふ山さくら花

本居宣長

日本の大和魂を人に問われたなら、私は朝日に映える山さくらの花と答えよう

大和魂とは何か!?

そう問われても中々即答できないでしょう。

「日本人の魂」「日本人固有の心」・・・外国と比べて日本人ならではの考え方や価値観、そんな意味合いになるかと思いますが、それは時代によって移り変わることがあります。

かつては「もののあはれ」を知る心だったり・・・

時には「特攻玉砕」の心だと言われたり・・・

そして「武士道」もまた、日本固有のものとして「大和魂」の一つと言えると思います。

東日本大震災など、大きな災害にあってしまった後の日本人の行動は、いつんも世界中で称賛を受けます。

略奪や暴動起こすこともなく耐え忍ぶことができるのは、どんな事態に陥っても正しいこと、つまり【義】を大切にしているからです。

空腹にも関わらず食事の配給に、きちんと列を作って並ぶという、この礼儀正しさは【礼】の心です。

自分のことだけで精一杯のはずが、それでも弱いものや他人を助けたり、譲り合おうとするのは【仁】の心です。

これだけの非常事態にも関わらず、パニックに陥ることもなく、整然と行動できたのは、何が「恥ずかしいこと」なのかを知る【名誉】の心でしょう。

そして命をかけて人を救った人には【勇】の心があったと思います。

ここぞ!という時に出てくる日本人らしさ…

その中には今も「武士道」があるのでしょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました