カテゴリー別新着記事

【孟子】情報を見極める力

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

悉(ことごと)く書を信ずれば則(すなわ)ち書無きに如かず

孟子

どれだけの書物を読んだとしても、その全てを信じてしまうようなら、読んでないのと同じことである

自分自身の意見を持つ事

本を読みましょう!とよく言われます。

活字に触れ、知識や想像力を高めるという意味でもとても大切なことでしょう。

しかし、本に書かれていることが、事実や真理ばかりとは限りません。

本には当然著者がいるわけであり、そこにはその人の考えや意見が記されているに過ぎません。

それをただただ信じ込んでしまうだけならば、逆に読まないほうがいいということです。

今はネットの世界にも情報が満ち溢れています。

ちょっと検索するだけで色んな情報が見つかり、とても便利なものでありながら、そこにあるのは本以上に不特定多数の個人的な考えや意見です。

TVなどのメディアも同様でしょう。

それをそのまま鵜呑みにするのは、ためになるどころかむしろ有害な事も多々あると思います。

逆に、初めから全て信じないという事も問題です。

情報を得るということはゴールではありません。

得た情報を自分がどうするのか!?というスタートです。

共感でも批判でも、自分の意見を持たなければ、情報を得る意味はないのだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました