カテゴリー別新着記事

【西郷隆盛】失敗という経験

武士道とは
この記事は約2分で読めます。

幾度か辛酸を経て、志、初めて堅し。

丈夫は、玉砕に及んで、瓦全(がぜん)を恥ず。

西郷隆盛

何度か辛酸を舐めて初めて志が固まる。

一人前の男は玉砕も本望として無駄に生きのびることを恥じる。

チャレンジの結果

できれば失敗したくない!と思うのは誰でも同じだと思います。

しかし失敗しなければそれでいいというわけではありません。

失敗経験のない人ほど、危うい人はいません。

それは「この先必ず失敗する」ということを意味しているか、「これまで何一つチャレンジしたことがない」ということを意味します。

辛い思いも酸っぱい思いも味わって、初めて堅い「志」を持つことができます。

「志」という言葉は耳にはするものの、あまり使われなくなっているような気がしますが、「夢」や「目標」と同じことです。

夢や目標を遂げるための強い決意を持つためには、失敗を経験すること。

しかし、ほとんどの人がこの失敗の経験中に諦めてしまうのだと思います。

成功していると言われる人こそ、人一倍失敗した経験を持っているものです。

失敗も成功もチャレンジした結果の一つ。

成功には偶然やまぐれもありますが、失敗には必然しかありません。

だからこそそこから得られる人生の教訓は、成功すること以上い意義があることもあるでしょう。

失敗こそ大きな学びのチャンスです。

恐れず向かっていきたいですね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました