カテゴリー別新着記事

日本人の贈り物

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

つまらないものですが…

物よりも人

日本人には、贈り物をする時に「つまらないものですが…」と一言付け加える習慣があります。

当然「つまらないもの」を贈るはずはなく、この言葉には、「あなたのような立派な方に見合うものなどありませんが…」という謙譲の気持ちが込められています。

外国では「これはとても素晴らしいものだからこそ、あなたに贈ります」という感覚が一般的でしょう。

どちらも相手に対する贈る気持ちは同じですが、外国では「物」を重視しているのに対して、日本人は「人」に重きを置いています。

「物」や「お金」に重きを置かない感覚は、正に「武士道」からきたものです。

質素倹約を好んだ武士ですから、当時は本当に「つまらないもの」しかなかったのかもしれませんが…(笑)

「人」に並ぶ「物」などないという感覚だったのでしょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました