カテゴリー別新着記事

【新渡戸稲造】力には責任が伴う

武士道とは
この記事は約2分で読めます。

ノーブレス・オブリージュ(noblesse oblige)

新渡戸稲造

高貴なるものに伴う義務

力を知るからこそ負うべき義務がある

新渡戸稲造は著書「武士道」の中で、武士道とは武士にとっての「身分に伴う義務=ノーブレス・オブリージュ」であると位置づけています。

「ノーブレス・オブリージュ」とは、フランス語で「高貴な立場に伴う義務」という意味ですが、そもそも武士道とは武士という特権階級の中の掟です。

今や日本人誰もが触れてはいますが、元々は武士だけのものです。

権力を持ち、人の上に立つ者には、守るべき義務がある…

それが「ノーブレス・オブリージュ」です。

「職権乱用」とか、最近では「パワハラ」とかいった、有権力者による間違った権力の使い方は、この「自分の立場において背負うべき義務や責任」を理解していないからこそ起こるのだと思います。

武士道における「義=正しいこと」も「仁=優しさ」も伴わない権力とは、もはや暴力でしょう。

力を持つということは、同時にその力に対する責任を持つということでもあります。

そしてその力を自ら制御するために、それなりの義務を背負うことになるのです。

今を生きる私たちには「身分」というものはありませんが、「立場」というものがあります。

社会における立場や仕事における立場もあれば、家庭における立場というのもあるでしょう。

それぞれの立場において、それぞれの責任、義務があります。

人の上に立つ人ばかりではなく、それぞれの「ノーブレス・オブリージュ」を自覚すべきだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました