カテゴリー別新着記事

【武田信玄】為せば成る

武士道とは
この記事は約2分で読めます。

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ

武田信玄

人生の有効期限の中で

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という上杉鷹山の歌は、この信玄の歌を変えて詠んだものと言われています。

何事もやればできる!

できなかったのは、できるまでやらなかったからだ!

色んな表現があると思いますが、同じ意味の言葉を誰しも耳にしたことがあるでしょう。

これは真理だと思います。

子供の頃のある日、やっと自転車に乗れるようになったように、できるまでやれば、何事も必ずできるものです。

ただ、子供の頃と違い、大人には中々そうもいかない部分もあります。

例えば仕事においてなら、納期や期限というものがあります。

その仕事に人生の大半の時間を費やしながら、どれだけ「為す」ことができるのか!?という時間的な問題もあります。

そして最後、私たちには寿命というものがあります。

限られた時間の中で、「成る」まで「為す」ことができるのか!?

そう言われてしまえば、必ず「成る」とは決して言いきれないでしょう…

そう考えると、諦めたくもなる気持ちも分からなくはありません。

信玄の言葉の最後にある「人の儚さ」という部分には、ただ単に「できるはずのことを自ら捨ててしまう」という意味だけではなく、捨てざるを得ない「人生の短さ」…という意味も込められているような気がします。

では、諦めるのか!?

それとも、やり続けるのか!?

「武士道といふは死ぬことと見つけたり」という言葉は、死を敢えて受け入れることで、今を生き切るという意味の言葉です。

限りある人生…

志半ばで潰えることを残念だと思うのか、それとも半ばまででも志に生きたことを誇りに思えるのか…

その最後の価値を判断できるのは、自分ただ一人です。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました