カテゴリー別新着記事

【杉百合之助】屈伸

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

一時の屈は万世の伸なり、いずくんぞ傷(いた)まん

杉百合之助

一時の挫折は今後更に伸びるためのものだ、気にすることなどない

挫折の先に

杉百合之助は、吉田松陰の父であり、この言葉は父から獄中の息子へと送られた言葉と言われています。

「かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂」

この言葉の通りに、松陰は自らの【義】を貫いた結果、投獄されてしまいます。

獄中の息子に父はこう言いました。

人は更に伸びようとするならば、一度かがまなければならない。

一時の挫折などというものは、そのかがんでいる状態のようなもの。

これから更に伸び上がればいいのだ!

思い悩むようなことではない。

父もまた、わが子の【義】を信じていたのでしょう。

挫折とは、更に成長するために力を蓄える期間のこと。

挫折があるからこそ、更に成長することができるのだと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました