カテゴリー別新着記事

【徳川家康】忍耐こそ繁栄の基

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

ならぬ堪忍、するが堪忍

徳川家康

大志を抱けば目先の物に捉われなくなる

【名誉】を守るためなら命まで投げ出すのが武士道です。

ただ、時としてその【名誉】を傷つけられたとして、いきなり斬りつけるという行きすぎも少なくなかったようです。

そういう行き過ぎを戒めるためにも、武士道では忍耐を重視しました。

「どうしても我慢できないことを、それでも我慢することこそ、本当の意味での我慢である」

この記事のトップ画像にもありますが、徳川家康は「堪忍は無事長久の基、いかりは敵とおもへ」という言葉通り、持ち前の忍耐から15代の政権を築きました。

大志を抱けば、目先の細かな事に腹を立てているヒマなどなくなります。

もし、イチイチ腹が立つことが多いと感じるのであれば、それはまだまだ「目指すべきところが明確ではない」ということかもしれません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました