カテゴリー別新着記事

【一休宗純】花は桜木人は武士

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

花は桜木、人は武士、柱は檜、小袖はもみじ、花はみよしの

一休宗純

一休宗純の言葉とされています。

皆さんご存知の「一休さん」のことです。

花と言えば桜が一番、人ならば武士、柱は檜、小袖の柄はもみじで、花見をするなら吉野でしょう

武士に憧れた日本人の心

武士の生き様に一般大衆は大いに憧れを抱き、「武士のようになりたい!」と強く願いました。

その思いは子育てにも活かされ、武士のような生き方を躾けとして教育していったのです。

武士と言えば特権階級です。

特権階級の生き方にただ憧れるだけでなく、生き方だけでも真似ようとした。

それが今、日本人が世界で称賛されるほどの民度の高さにつながっているではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました