カテゴリー別新着記事

【熊沢蕃山】まず自分を変える

武士道とは
この記事は約1分で読めます。

人は咎むとも咎めじ、人は怒るとも怒らじ、怒りと欲を棄ててこそ常に心は楽しめ

熊沢蕃山

人から咎められたとしても自分は咎めない、人が怒るとしても自分は怒らない、怒りと欲を棄ててこそ常に心が楽になれる

自分自身の在り方次第

生きていれば腹の立つこともたくさんあります。

正直者が馬鹿を見なければならなくなることもあるでしょう。

それでも忍耐です。

感情を露わにすれば、命の取り合いに発展しかねない武士たちは、ひたすらに忍耐を重んじました。

「人を変えようと思うのなら、まず自分から」

今の時代でもよく耳にする言葉だと思います。

人との関わりは「自分の在り方」によって変えることができるのです。

何もかも自分だけが我慢することがいいことだとは思いません。

しかし「自分の在り方」一つで、我慢が我慢でなくなることもあるのです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました