カテゴリー別新着記事

人間五十年

武士道とは
この記事は約2分で読めます。

人間50年、
下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり、
ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか

幸若舞「敦盛」

人の一生は50年、天の人と比べれば夢幻のようにわずかの出来事だ。ひとたびこの世に生を受けたら必ずや終わりがくるものだ

人生において確かな物とは!?

知らない人はほとんどいないメジャーな一節です。

織田信長が愛し、桶狭間の出陣前に舞ったということから、信長の辞世の句だという誤解(?)見解(?)もあるようですが…

平家物語の「敦盛最期」に由来する物語です。

「敦盛最期」に関しては、このページでも以前に紹介していますが、武士道の【仁】や【名誉】が分かり易く伝わるものですので、興味のある方は見てみてください。

若くして討死した平敦盛の最期から、人の一生や命の儚さを問う…

武士道のバイブルとも言える「葉隠」でも、人の一生を「夢のあいだ」と言っています。

どれほどの隆盛を極めたとしても、わずかの間の出来事に過ぎません。

命ある者には必ず終わりがきます。

それだけは決して否定できない真実です。

だからこそ、どう生きるのか!?

武士道では、必ず終わりが来るからこそ、その終わりを恐れるのではなく、しっかりと受け入れて、今を「生き切る」と考えました。

どれだけ時代が変わったとしても、例え寿命が数十年延びたとしても、天地自然の理の中では、やはり一瞬の出来事に過ぎません。

確かなことは、必ず終わりが来るということともう一つ…

今、ここにいる自分は確かに生きているということでしょう。

では今、何をするべきなのか!?

何気ない日常を何気なく過ごせるのはとても幸せなことです。

その幸せを、しっかりと噛みしめたいと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました