カテゴリー別新着記事

2019-12

スポンサーリンク
忠義

私たちの忠義

忠臣は二君に仕えず 忠義ある家臣は一度主君を定めたのちは、他の人に仕えることはない 本当の忠義とは 【忠義】という言葉は、今はあまり使われることがありません。 盲信や盲従、絶対的服従と言ったイメージが強いせいか...
武士道とは

【山上宗二】自分を貫く

汚さじと思ふ法度のともすれば世渡るはしとなるぞ悲しき慈鎮和尚 自分の美意識を汚すまいと思っているけれど、やはりどこかで世渡りしていることに気付く。とても悲しいことだ。 和して同ぜず 詠み人は慈鎮和尚ですが、千利休の弟...
武士道とは

【武田信玄】為せば成る

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ武田信玄 人生の有効期限の中で 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という上杉鷹山の歌は、この信玄の歌を変えて詠んだものと言われています...
葉隠より

【葉隠】先人の教え

巧者の咄等聞く時は、たとへ我が知りたる事にても、深く信仰して聞くべきなり。同じ事を十度も二十度も聞くに、不図胸に請け取る時節あり。その時は格別のものになるなり。老の繰言と云ふも巧者なることなりと。葉隠より 深く経験を積んだ人の話な...
武士道とは

人間五十年

人間50年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり、ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか幸若舞「敦盛」 人の一生は50年、天の人と比べれば夢幻のようにわずかの出来事だ。ひとたびこの世に生を受けたら必ずや終わりがくるものだ ...
葉隠より

【葉隠】武士道は死に狂い

“武士道は死に狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの。”と直茂公仰せられ候。本気にては大業ならず。気違ひになりて死に狂ひするまでなり。葉隠より “武士道とは死に狂いである。そうした人を倒すには数十人でかかっても倒せないことが...
武士道とは

【福沢諭吉】個の独立

一身独立して一家独立し、一家独立して一国独立し、一国独立して天下も独立すべし。福沢諭吉 個人が独立すればその家が独立し、一家が独立すればその国が独立する、そして国が独立すれば天下も独立する 確固たる自分を持つ 福沢諭...
葉隠より

【葉隠】決断は早いほど良い

古人の言葉に七息思案と云ふことあり。隆信公は「分別も久しくすればねまる」と仰せられ候。直茂公は「万事しだるきこと十に七つ悪し。武士は物毎手取早にするものぞ」と仰せられ候。葉隠より 昔の人の言葉に「七呼吸の間に思案せよ」というものが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました