カテゴリー別新着記事

2019-06

スポンサーリンク
武士道とは

【本居宣長】大和魂

敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山さくら花 本居宣長 日本の大和魂を人に問われたなら、私は朝日に映える山さくらの花と答えよう 大和魂とは何か!? そう問われても中々即答できないでしょう。 「日本人の魂」「日本...
名誉

【名誉】日本人としての名誉とは

廉恥の心 「日本人は恥の文化」と言われています。 私たちは子供の頃から大人たちに言われ続けました。 「人前で恥ずかしいことをするな!」 「そんなことしてると人に笑われるぞ!」 なぜそうなのか!?を考え...

【南光坊天海】決死の覚悟

心の中で一度死んだ者というのは、真田の槍でも為朝の矢でも通るものではない 南光坊天海 腹を括る 「真田」とは「真田幸村」のこと。 「為朝」とは「源為朝(みなもとのためとも)」のことです。 本当に死を覚悟した者ほど...

【新渡戸稲造】礼とは…

礼はその最高の姿として、ほとんど愛に近づく 新渡戸稲造 武士道唯一の「型」 【礼】とは、現代で言う礼儀作法のこと。 義、勇、仁・・・と、武士道の教えは精神に関するものばかりですが、【礼】は唯一「型」の教えです。 ...
葉隠より

【葉隠】威厳は内面の現れ

打ち見たるところに、そのまま、その人々の丈分の威が顕(あら)はるるものなり 葉隠より 一目で、その人相応の威厳が伝わるものだ 威厳のある人とは 威厳のある人とはどういう人でしょうか? 目に見えないオーラの...

【吉田松陰】至誠

至誠にして動かざるものは未だこれ有らざるなり 吉田松陰 誠を持って事に向かえば、どんなものでも動かせないものはない。 逆に誠なくして事に向かっても何も動かすことはできない。 元々は中国の孟子の言葉です。 吉田...

【真木和泉】はじめに義あり

義がなければ才能があろうと学問があろうと、人は武士たり得ない。義があれば世に立たなくとも何ほどのこともない 。真木和泉 武士道における義とは 【義】とは武士道における全ての原点であり、骨格のようなもの。 骨がなければ人...
葉隠より

【葉隠】武士道とは死ぬことと見つけたり

武士道と云うは死ぬことと見つけたり。二つ二つの場にて、早く死ぬ方に片付ばかり也。別に子細なし。胸すわって進む也。葉隠より 武士道とは死ぬことだと悟った。 生か死か二つに一つなら、早く死ぬ方に進むめばよい。 別に難しいこ...
克己

【柳生宗矩】我に勝つ

人に勝つ道は知らず、我に勝つ道を知りたり柳生宗矩 最大の敵は自分自身 柳生宗矩は、徳川将軍家の兵法指南役を務め、柳生新陰流の地位を確立した剣術の達人であり、ゲームや映画、ドラマなどで有名な柳生十兵衛の父親にあたります。 ...
忠義

【武士道】諫言は一番槍に勝る

「諫言は一番槍に勝る」 一番槍とは、戦場で一番に手柄を上げること。 それは名誉なことですが、「諫言(かんげん)」はそれ以上に大切なこと・・・という意味です。 ※諫言=目上の人の過失などを指摘して忠告すること。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました